*

フリーダイヤル:
0120-242-007
営業時間 平日10:00~18:00
(土日・祝・当社指定休日を除く)

MENU ▼

【最新作】今まで、濱中流ではなかった“●●●●●”の教材

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

濱中流 最新作!!どうすれば、ダブルスで 勝利を掴むことができるのか?実は、「シングルスの秘訣」を知ることで、今までよりも、ダブルスの勝率が飛躍的に伸ばすことができます。

From ソフトテニス超指導法実践会 木下

 

2015年1月某日

 

私は、あるシングルの試合を見ていました。

 

そこでは、濱中先生の指導する生徒が、社会人プレーヤ―に

勝利をおさめていました。

 

体格はもちろん、筋力や体力も圧倒的に違う中学生と、

何年も現役として大会に出場している社会人との対戦なのに

 

どうやったら中学生が現役の社会人に

真っ向勝負のシングルスで勝てるのか?

 

ダブルスなら、ペアと二人でコートを守りますし、

コンビネーションで、相手が崩れたりするので、多少は理解できるけど…

 

どうしてなのだろう…?

 

そこで私は、

「濱中流のシングルスのノウハウを知りたい。」と思いました。

 

シングルスをやらせる「裏の目的」

 

この十数年、濱中流では、さまざまな教材を出していますが、

シングルスのDVD教材はありません。

 

シングルスは試合も少ないし、

ましてや、中学、高校でのシングルスの試合なんか、年に1,2回あるかないか。

 

「だから、今までシングルスの教材にしなかったのでは?」

と、思いこんでいました。

 

しかし、個人的に、シングルスのノウハウを濱中先生に教えてもらう中で

濱中流の「シングルスをさせる、裏の目的」に気づきました。

 

「なるほど!だから濱中先生は積極的にシングルの練習を行うのか!」

 

やっと、シングルスをやるべき、本当の理由がわかりました。

 

シングルスの練習をすれば、ダブルスの勝率も上げることができる!

 

実は、シングルスを行う裏の目的は「ダブルスの勝率を上げるため」だったのです…

 

●相手の早いラリーについていくことができず、

 いつも先に攻められ、やられっぱなし…

 

●相手の1stサービスに対して、返すのがやっと。

 レシーブゲームはいつも落としてしまう…

 

●サービスは入れることで精一杯。

 だから、いつまでたってもサービスから試合を有利に進めることができない…

 

●コースを打ち分けられると、すぐにポジションが崩れ

 オープンコートを攻められてしまう…

 

●練習ではうまく打ち分けることができるのに、

試合になると打つボールはいつも単調…。

 

以上のような悩みも、濱中流シングルスの「ゲーム理論」を知ることで

自然と解決することができます。

 

その目からウロコの効果に、

濱中先生はいち早く気付いて取り込んでいるのです。

 

最近のトップ選手のゲームを見ていて

このような変化を感じたことはありませんか?

 

●カバーリングが早く、常に良い状態で攻めることができる

 

●ボールの「長短」や「緩急」をうまく使い分け

 試合を有利に進めている

 

●コースの打ち分けやボールの回転を使い分け

 タイミングよく前に詰めて、ネットプレーで得点をする。

 

これらは、全て「シングルスの効果」であることが判明しました。

 

私の口からは、とても語ることができないので

次回、「シングルスをやるべき裏の理由」を少しだけ公開します。

 

濱中流「ゲーム理論」シングルスを応用した戦略と考え方

今日の濱中流は何位だと思います?
両方クリックしていただけると嬉しいです!
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

無料メールマガジンのご登録はコチラ

「どうして試合では勝てないのか…」「なぜ、うまくならないのだろうか…」
「どうしてソフトテニスを好きになってくれないのだろう…」
そんな悩みをお持ちなら必見です。
あなたの悩みを濱中流指導法で解決できる30日間無料講習。
毎日、気付きと納得をあなたに与えます。

お名前(苗字):
メールアドレス:
以下の内容に同意の上、お申込みください。

関連記事

  1. 今年もお世話になり、感謝いたします。
  2. シングルスの秘密
  3. 濱中流ダイジェストDVDの第二弾が発売されました!
  4. 【緊急企画】初心者指導でお悩みではありませんか?
  5. 【事実】圧倒的な強さを誇る「濱中流」の秘訣
  6. 「昔」と「今」の違いとは?
  7. 部活動に大切な環境とは?
  8. 「オールラウンドプレーヤー」を目指すためには・・・
  9. 濱中流ソフトテニスの「原点」を振り返る