*

フリーダイヤル:
0120-242-007
営業時間 平日10:00~18:00
(土日・祝・当社指定休日を除く)

MENU ▼

ローボレーは面だけを合わせた打ち方ではいけない!?

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

こんにちは。
ソフトテニス超指導法実践会の木下です。


本日は、バックハンドで打つ
ローボレーの動画をご紹介します。


 

 

●濱中流メンタルリハーサル5
Disc 17【「回転」を幹としたネットプレーの基礎  Vol. 3】

~中間ポジションを制覇する『ローボレーの極意』~

4.バックハンド・ローボレーの極意(ストレート)より抜粋
http://rs39.net/c/st/cnhy_44/bl/

 

以下 DVDより抜粋


ローボレーでは、
目の位置を低く保った姿勢から、


インパクト時において
ラケットの振り抜きを上方にしていると同時に


ショート乱打と同様に、
ジャンプにより体が上方に上がっています。


それにより、
ラケット面の上でボールを転がし、


ドライブ回転を
つくっていると言えます。 


ボレーは当てるというイメージではなく、
あくまでも回転だと考えています。


ただ、大きく回転しようとすればするほど、
腕で振るような形はなくなってきます。


大きく回転して、出来るだけ腕の操作を
コンパクトにするようなイメージです。


このことはラケット操作全体のうち、
一部分をおこなっていると言い換えることができます。


実戦では、このような
ボレーだけでは不足ですが、


あくまで選手の器を
拡げるということにおいて、
非常に有効であると考えます。