*

フリーダイヤル:
0120-242-007
営業時間 平日10:00~18:00
(土日・祝・当社指定休日を除く)

MENU ▼

ボレーは振り切る形があってもいい?

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

こんにちは。
ソフトテニス超指導法実践会の木下です。

本日はローボレーの動画をご紹介します。

 

 

Disc 17【「回転」を幹としたネットプレーの基礎  Vol. 3】
~中間ポジションを制覇する『ローボレーの極意』~

1.フォアハンド・ローボレーの極意(ストレート)
⇒ http://rs39.net/c/st/cnhy_44/bl/

以下、DVDより抜粋

ラケット操作の違いというものは、

ワンバウンドとノーバウンドで
区別されるのではなく、

相手の打球のスピードなどで
区別されるべきでしょう。

その考え方であれば、ノーバウンドであろうと、
振り切る形があってもよいと考えます。

ボレーは当てるというイメージではなく、
あくまでも回転だと考えています。

ただ、大きく回転しようとすればするほど、
腕で振るような形はなくなってきます。

大きく回転して、出来るだけ腕の操作を
コンパクトにするようなイメージです。

このことはラケット操作全体のうち、
一部分をおこなっていると言い換えることができます。

実戦では、
このようなボレーだけでは不足ですが、

あくまで選手の器を拡げるということにおいて、
非常に有効であると考えます。