*

フリーダイヤル:
0120-242-007
営業時間 平日10:00~18:00
(土日・祝・当社指定休日を除く)

MENU ▼

オーバーハンドサービスの導入練習

にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

こんにちは。
ソフトテニス超指導法実践会の木下です。


今回は、濱中流「オーバーハンドサービス」の
導入練習の一部をご紹介させていただきます。


濱中流では、
オーバーハンドサービスの導入練習法として


まずは、サービスのインパクトの際に
ラケットを“止める”という練習をおこないます。


この練習方法は


・打点が低くてサービスの確率が低い選手

・高い打点から、角度のついた
 サービスが打てない選手


など「打点」に問題がある選手の矯正には効果的です。


特に女子選手や非力な選手に
「腕を伸ばして打たせることは難しい」


と思われている指導者にとっては
「目からウロコが落ちる」ような練習方法です。

 

 



●濱中流メンタルリハーサル7
Disc25 【ボールの回転を操る Vol.3~エースを狙う!サービス・レシーブ~ 】より抜粋



ファーストサービスとしてのオーバーハンドサービスの練習法として、
最初に、インパクトでラケットを止める練習をおこないます。


非力な選手は、オーバーハンドサービスの際、
肘が曲がると誤解されている場合が多いです。


主にグリップが影響していることと、
前に振ろうとすることに原因があると思われます。


非力であろうと、手をまっすぐに伸ばすことが出来るのであれば、
誰でも肘を曲げずにサービスが出来るはずであると考えます。


そこで、前に振りかぶるのではなく、
ラケットを上方に投げるようなイメージで、この練習をおこないます。


手首を上に残すように練習してください。

———————————————————–


オーバーハンドのサービスは


前に振りかぶるように
打っているように見えるかも知れませんが、


このようなイメージで打つと、
打点が下がり、肘が曲がった状態で
打ってしまう可能性があります。


しかし、濱中流で行っているように、
上方へ投げるようなイメージで打つことが大切です。


ですので、今回ご紹介した動画のように
まずは、インパクトでラケットを止める練習を行ってみてください。


そうすることで、非力な選手でも
肘が曲がらず、高い打点から打てる技術を
身につけることができます。


今回のメルマガを参考にして頂いて、
選手指導のお役に立てれば幸いです。

 

▼詳しくはコチラ▼

↓↓↓

●濱中流メンタルリハーサル7
Disc25 【ボールの回転を操る Vol.3
~エースを狙う!サービス・レシーブ~ 】

今日の濱中流は何位だと思います?
両方クリックしていただけると嬉しいです!
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 テニスブログ ソフトテニスへ

無料メールマガジンのご登録はコチラ

「どうして試合では勝てないのか…」「なぜ、うまくならないのだろうか…」
「どうしてソフトテニスを好きになってくれないのだろう…」
そんな悩みをお持ちなら必見です。
あなたの悩みを濱中流指導法で解決できる30日間無料講習。
毎日、気付きと納得をあなたに与えます。

お名前(苗字):
メールアドレス:
以下の内容に同意の上、お申込みください。

関連記事

  1. パワーを引き出すサービスの初動
  2. 「濱中流 ゲーム理論」ってどんなDVD教材?
  3. 【動画公開】まずは、1つでも試してほしいのです…
  4. インドアで勝つために、是非マスターしておきたいショットです。
  5. サービスの着地足はどちらが良いのか?
  6. 後衛の一つの“武器”としてマスターしてください
  7. まずは、この練習から始めてください。
  8. ラケットを左下に振ってはいけません。
  9. 全国トップクラスの乱打練習法
  10. 回転の力を最大限に生かしたボレーとは?